よく比較して選びましょう

毎日おいしい水を飲むことができるのがウォーターサーバーを導入することのメリットです。それでもいろんな問題が生じてしまいます。そのひとつとして重いボトルを設置しなければならないことです。特に女性やお年寄りにはきつい作業になることもあるでしょう。そのようなことにも気にかけてウォーターサーバーを選ぶことをおすすめします。

重い作業になる

ウォーターサーバーを想像してみてください。その多くは大きなボトルが付いているサーバーをイメージすることが多いでしょう。そのタイプをガロンタイプと呼んでいます。またはリターナブル方式と言うこともあります。このボトルは12リットル入っていることが多く、かなりの重さです。これを設置することをイメージした場合、辛い作業になることもあるでしょう。

このガロンタイプのリターナブル方式は、空っぽになった容器は業者が回収しにきます。それまで自宅で保管しておかないといけません。12リットルの大きなボトルが自宅にあることになりますので、スペースを取ることから邪魔になることもあるでしょう。大家族がいる場合や、災害時には重宝するタイプですが、重く大きいのが最大のデメリットになってしまいます。

2つの改善方法

重いボトルとおさらばしたいのであれば、2つの方法を検討してください。ウォーターサーバーにはガロンタイプの他にワンウェイ方式があります。パック式になっており、空っぽになるとそのまま資源ごみとして捨てることが可能です。重さは7リットルほどになりますので、非力な方でも楽に持ち運べることもできます。

また最近ではサーバーの上に着けるのではなく、下部にボトルを設置できるタイプも開発されています。設置するときに重いことがデメリットと考えるのであれば、こちらのタイプも選択肢に入るでしょう。どちらにしてもワンウェイ方式は、7リットルが多いですので、重さを感じずに楽々設置することが可能です。

もうひとつのタイプは水道直結サーバーになります。サーバーに直接水道を引いて水に飲むタイプです。もちろん冷水から温水にすることができます。しかしそれじゃおいしい水を飲むことができないと考える人も居るでしょう。サーバーにはフィルターが付いており、水道水よりはおいしい水を飲むことができます。ろ過した水であるRO水と同じと考えるとわかりやすいでしょう。

ワンウェイタイプのメリット

非常に軽いのがメリットです。ガロンタイプと比較すると、5キロほど軽くなりますので、設置は随分楽になるはずです。他のメリットは空気が入りにくいことから、新鮮な水を飲用したい人に適しています。特に非加熱の天然水を飲用したい人には、ワンウェイタイプの方式を選んだ方が良いです。また水に自信を持っているメーカーの多くが、このタイプを用いています。

使い捨てになりますので、業者が来るのを待つこともなく、自治体が指定する方法で容器は捨てるだけで良いです。

水道直結サーバー

ろ過しますので、水道水よりはおいしい水を飲用することができます。ただしレンタルサーバーが3000円以上かかることから、この部分をどう見るのかが重要になってきます。天然水のサーバーを導入する場合、7リットル1500円を毎月2本購入したら、高性能のサーバーレンタル料が無料になるメーカーもあることから、悩ましい比較になるでしょう。

重い作業をすることなく楽々においしい水を飲みたい、比較的軽いボトルを設置することになるけれど天然水を飲みたいなどによって、評価が分かれることが多いです。

維持費の問題も

ウォーターサーバーの最も無視できない問題は、維持費がかかることです。電気代から水代とその配達料、メンテナンス費用と掛かります。水津直結サーバーであれば、水代とその配達料が無料になることから幾分安くなりますが、それでもレンタル料が掛かってしまいます。この維持費の問題をよく理解して、検討する項目に入れておかないと、あとで後悔することになります。

契約を解除するにしても違約金が発生することから、契約期間までは使い続ける覚悟を持たなければいけません。選択する時に間違った選び方をしなように、水素水サーバーのことをしっかり理解しておくことをおすすめします。

軽いボトルウォーターサーバーの選び方

水にこだわりがあるなら比較的軽いワンウェイタイプのサーバー、設置などしたくない方であれば水道直結サーバーを利用すると良いでしょう。そこに電気代が掛かることを考慮して、サーバーの種類を選ぶと満足感が高くなる選択ができます。

水道直結サーバーの水は天然水と比較すると、多少なり品質も落ちますが、水道水と比べれば確かな水の違いを感じられるほどです。おいしい水特有の口当たりの良さを実感することが可能なレベルになっています。

肝心の水がどうなるのかで選ぶべき重くないサーバーがあります。天然水の採水地の違いや、水道代だけしかかからない違いなどをよく比較して選んでください。

Comments are closed.

  • カテゴリー

    • カテゴリーなし
  • アーカイブ